メイドカフェの料金
ドレスを着た女の子

中野のメイドカフェは安い料金で楽しむことが出来ますが、メイドとして働く場合では、他の地域と変わらない水準のお給料を手にすることが出来たりするため、初めての人でも安心して働けます。

Read more

転職しませんか?
バックを持った女の子

今よりもっとたくさんお金を稼げるお仕事に転職をしてみようと思っている人は少なくありません。そのような場合、六本木をはじめとしたおすすめの転職先がキャバクラです。まずは求人を見てみるのもいいのでしょう。

Read more

体験入店について

白い服の女の子

高収入を稼げるお仕事として、「キャバクラ」が女性の間では注目を集めてきています。実際、小学生が憧れる女性の職業として、「キャバクラ」がランキングに入るくらいですから、その注目度には凄いものがあります。
そういった状況の中で、実際に「キャバクラ」で働いてみたいという女性も多いのではないかと思います。でも、水商売のお仕事が未経験の場合は、やはり「上手くやっていけるだろうか」という不安がつきまとっているのではないかと思います。
そんな方にオススメなのが「体験入店」と呼ばれるシステムです。店舗にもよりますが、ほとんどの「キャバクラ」では、この「体験入店」を導入していますので確認してみてください。
要するに、お試しを兼ねて働くことができるというものです。丸一日体験できるところもあれば、3時間程度の体験のところもありますし、数週間の体験期間を設けているところもあります。
まずは実際に働いてみて、仕事の流れやお店の雰囲気などを理解して、吟味してみるのがいいかと思います。「どうしようかな。うまくいくのかな」と迷っている暇があれば、サクッと行動を起こして判断をしたほうが賢明だと思います。
「キャバクラ」の時給相場としては、2,000円〜4,000円が平均的です。指名、延長、ボトルバックというものがあれば、その分も報酬として加算されますので、1日平均で、15,000円前後は稼げる計算になります。
月収30万円〜40万円は、最低ラインで稼げるということですね。

仕事内容

キャバクラとセクキャバのお仕事は、名前が似ていますが、仕事内容に少し違いがあります。
キャバクラのお仕事はナイトワーク系の求人で見かける事が多く、セクキャバのお仕事は風俗系の求人で見かける事が多いです。
どちらも根本的なシステムは似ており、キャバクラにお色気のサービスを加えたのがセクキャバであると表現できます。
女性からすると、どちらも同じようなお仕事に見えるかもしれませんが、この二つは別の業種だと認識しておく方がいいでしょう。
キャバクラのお仕事は、ナイトワークとして扱われている事からもわかるように、一般的には夜のお仕事として知られています。
ただし、朝や昼に営業しているキャバクラもあるので、実は夜のお仕事だと言い切れなくなってきている現状があります。
朝、昼、夜の3パターンから、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間帯に働く事が出来ます。
キャバクラのお仕事は、平均よりももともとの時給が高いです。より高収入を稼ぎたいのであれば、ドリンクをより多く飲ませてもらうといいのです。
お客様にたくさんドリンクを飲ませてもらうと、その分バックがつくようになります。
ちなみに、シャンパンや高級ウィスキーのように、より豪華なボトルをおろせるようになると、お給料に上乗せされるドリンクバックも多くなるという仕組みです。
なお、キャバ嬢のお仕事でもっとも重要なのは、より多くのお客様から指名を頂く事です。
売れるキャバ嬢というのは、指名の本数も、おろすボトルの本数も自然と多くなります。
つまり一度上昇気流に乗れば、あとはひたすら追い風が待っているというお仕事だといえます。
そしてセクキャバのお仕事というのは、キャバクラのお仕事にお色気のサービスをプラスしたものとなっています。
基本的な流れはキャバクラと同じですが、お酒を飲みながら女性の体に触れるというのがセクキャバで遊ぶ男性の楽しみです。
しかし触られるのは上半身が中心ですので、風俗のように性的な奉仕をするようなことはほとんどありません。
ただし仕事内容はお店によって違うので、気になる求人を見つけたら、お店の見学か体験入店をさせてもらうといいでしょう。